中国アルミ業界 新地金買取りの新会社で余剰地金を100万トン買取

2016/01/21


 昨年より中国の余剰新地金を国家備蓄局ではなく民間企業主体で買い取るのかどうかで議論が続いていたが、先頃の中国報道などによると、チャイナルコなど大手アルミ新地金メーカー6社が余剰のアルミ新地金を買い取る新会社を設立したとのこと。

 余剰地金の買取資金は国家開発銀行が提供する格好となり、民間企業の資金負担はないという。
 昨年、中国のアルミ新地金の減産は400万トン前後とみられているが、一方で増産計画も続いている。余剰新地金を買い取る新会社はまず100万トンの地金を買い取る方向とのこと。

(IRUNIVERSE)

↑ Top of Page