台湾の最大手プレスメーカー SHIEH(協易機械工業)がMF−TOKYO2015に出展

2015/07/16

 台湾最大のプレス機器メーカー、SHIEH(シェイイー=協易機械工業股?有限公司(台湾本社))が15日から東京ビッグサイトで開催されているMF−TOKYO2015(プレス、板金、フォーミング展)に出展。
 同社が最も力を入れている中大型800トンのサーボプレス機の実演も行っていた。


写真写真


 SHIEHは創業50年のメカプレス、サーボプレスなどプレス機の総合メーカーであり、全世界の自動車部品メーカー等に同社のプレス機が販売されている。SHIEHの若き女性CEO郭雅慧氏は2009年から同社の2代目CEOとして就任。SHIEHを世界トップ5のプレス機メーカーに成長させるという目標を掲げているが、すでにサーボプレスの市場では同社はトップ3のブランドに入っているという。


写真写真


 日本で出展する理由について郭雅慧CEOは
 「日本はサーボプレス発祥の地であり、日本でSHIEHのサーボプレスの評価を得たい」からだという。

 また実際に日本の大手自動車メーカーが同社のサーボプレスを採用しており、欧米の自動車メーカーからの評価も高いという。

 郭雅慧CEOは
「SHIEHの目標はナンバーワンではなく、エクセレントな企業であること」と穏やかに語る姿が印象的であった。


(IRUNIVERSE YUJI TANAMACHI)

↑ Top of Page